Month: 12月 2018

コンビニに買い物に来る感じの悪いお客様について

コンビニでパートをしているのですが、時々、感じの悪いお客様がいます。なんでそんなにイラついているんだろうと思う人もいます。
先日来たお客様は、財布の中の小銭を減らしたかったようで1円玉と5円玉をたくさん出して来ました。お釣りが1900円だったのでお渡ししたところ、少しキレ気味に、「小銭を減らしたくてたくさん出したのに、こんなに小銭のお釣りじゃ減らした意味ないじゃんよ」と。正直、そんな事言われてもという感じでした。
また違う日には中国人の店員の日本語が聞き取りにくかったようで、「何言ってるのかわからね〜よ」と怒って帰ったお客様もいました。
他には、たばこは銘柄が多すぎてスタッフも覚えきれていないにもかかわらず、あえて銘柄で言ってきて、「何番のおたばこでしょうか?」と聞くと、舌打ちしてきたり、「そんなのもわからないのか!」とキレてきたり、ほんと色んな方がいます。接客業なので、常にこちらが下手に出なくてはいけなく、ストレスも溜まります。

人気のコミックスがリサイクル書店に並ばない

最近ちょくちょく気になるコミックスがあって、もう何巻も出ているものだと、まずはとりあえずリサイクル書店に行って探してみます。
立ち読みできるのとか、なんといってもお値段が安いから、大人買いするにはやっぱりリサイクル書店が経済的。
ところが・・・ここ最近、人気のコミックスが案外リサイクルでは見つからないことが多いのです。
最新刊がないというならわかります。
何年も前に第1巻は発行されているという長期連載漫画のコミックスでも、ほとんど入っていないというものも結構あるんです。
買取強化しているようですが、それでも出てこないとは・・・。
こんなところにも、電子書籍の影響が出ているのではないかと私は思っています。
かくいう私も、最近は電子書籍でコミックスを購読してしまうことも多いのです。
最新刊なんかはそうですね。
極力物を増やしたくないし、電子書籍だとポイントを使って、書店で新刊を買うより安く読めたりするからです。
でも、大量のコミックスを購読するなら、やはり中古が一番安いです。
リサイクル書店も併用して利用したいですが、これだけ電子書籍のウェイトが大きくなると、リサイクル事態存続の危機になる恐れがありそうです。脱毛ラボ vio 効果